フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2014年4月19日 (土)

入学式問題

”仕事か子どもか?”というハッシュタグでツイートが呼びかけられていたので、少し呟いてみた。
一言ではとても語り切れない。だからブログに自分の考えを書いてみた。

埼玉県の高校で、女性教諭が息子の入学式に出席するため、担任を務める1年生の入学式を欠席した問題。
賛否両論、いろんな意見を言う人がいて、考え方も十人十色なのだとしみじみ思う。
イケダハヤトという、乱暴なブロガーにいたっては、”当たり前でしょ 我が子なんだから”って書いている。
それに対してその通り!と賛同するコメントがついていたりして、心底驚いた。

こんなことを容認する人がいるんだなあ……

このニュースを読んだとき
”当たり前でしょ。新入生の担任なんだから入学式休んだらダメにきまってるやん”としか思わなかった。

女性教諭の年齢が同世代だから、私の頭が古いとかそういうことではないはず。
どうしてこんな大切な日の仕事を休もうと思ったのか?
校長は、なぜ休暇届を受理したのか?

教育長や県会議員というお偉方が、偉そうに注意する態度は、あまり好きではないが、校長ともども注意されても良い話だ。

仕事をするということをどう考えているのだろうか?

どんな仕事でも、”休める日”と”休みにくい日”と”絶対に休めない日”がある。
”休める日”は業務に支障をきたさない日。
”休みにくい日”は業務に支障はきたすが、他のスタッフの協力と調整でなんとか休める日。
”絶対に休めない日”は休むことによって、大きな損失を出したり、信用をなくす日。他のスタッフの協力や調整などではどうにもならない日。

学校という職場において、新入生の担任にとっての入学式は、”休みにくい日”なのだろうか?

甘すぎる。もし、そのように考えていたなら、校長も教諭も考えが甘すぎる。

新入生の担任にとって入学式は、”絶対に休めない日”だ。

なぜか?
新入生の信頼を失う可能性があるからだ。
生徒の数だけ個人の考え方、感じ方がある。気にしない子もいれば、責任感の無い教師だと感じる子もいる。
これから子供たちの教育をしていく職業にあるものが、”責任感の無い教師だな”などと信用を失うスタートをしてどうする?

我が子の入学式に出たいという希望があったのなら、新入生の担任を持たないよう申し出るべきだった。
担任を持ってしまったのなら、我が子に説明をして入学式に行けないことを理解してもらうべきだった。

そもそも、そこまで深く考えたのであろうか?
休めるかな?一回、校長に聞いてみよう。その程度の、浅い考えではなかったか?
授業を行わない入学式という行事を、簡単に考えてはいなかったか?
授業がなくとも、不安や期待を胸に抱いている”生徒という人間”と彼らを導いていく”教師という人間”の初めての出会いの日である。
本当に大切な日だ。

そして、もう一つ。

仕事を持つ人間にとって、休暇とは”休める日”にとるものだと思う。
とった休暇の中身など関係ない。
我が子の入学式に行こうが、パチンコ屋の新装開店に行こうが自由だ。
この理由の休暇はOKで、この理由の休暇はNGだなどと、誰がどうやって決めるのだ。

休暇の理由と明かして休むのは、業務に支障がでるのを承知で、周りの協力をとりつけているからだ。
周りの人間の好意と協力によって成り立つ休暇など、極力減らすにこしたことはない。

2014年3月30日 (日)

2年ぶりの投稿

2年ぶり・・・
ブログを更新するのが2年ぶりなのかあ。そうかあ。
以前は仕事の合間に、ちょこちょこ投稿していた。
が、店のインターネット接続をやめた。
楽天市場への出店をやめたこともあり、経費節減の為にプロバイダー契約を解除した。
自宅でしか接続できない為、おのずと投稿をする機会が減ってしまった。
そうか、もう2年か・・・
以前のブログに目を通してみる。なんか、小っ恥ずかしいような変な気分。
同じ自分なのに、感じ方や価値観がわずか2年でも微妙に変化している。
趣味も変化した。
50の手習いで、茶の湯を始めた。
興味のある対象も変化していく。
最近、プレゼント応募の為にツイッターを始めた。
まだ、つぶやくことに慣れない。
ゆっくり考えながらブログに投稿する方が私むきなのかもしれないけれど、自分の意見やアイデアや感じたことを少ない言葉でつぶやくのも、良いかもしれない。
ニックネームを新たにして、また少しづつ投稿をしてみよう。

2011年6月22日 (水)

震災報道

最近TVの震災報道を見ていて、首をかしげることが少なくない。

先日も、被災者を取材している風景が映し出される。
20代後半の女性。
仕事がなくなったのに、失業保険が貰えない。
現在の手持ちのお金は小銭のみ。
「大変ですねー」
と同情的な報道である。
???
失業保険が貰えないのは貰えるだけ働いていなかったということ。
20代後半のいい大人が、貯蓄も無く、その場しのぎの仕事で食いつないでいた。
そこに震災が起き、職を失った。
この人が、困っているのは震災のせいか?
それまでの生き方のせいか?

不況である。この震災で一層状況は厳しくなっている。
突然失業するなどということは、珍しくも無い。
困っている人は全国どこにでもいる。
個人の努力と工夫で何とか生き抜かなければならない。

震災は忘れられてはいけない。
だから報道は大切である。
個人の努力ではどうしようもない被災者の存在や状況を報道すべきだ。
時間も内容も限りある報道だからこそ、知らせるべき内容を吟味する義務があるように思うのだが。

財布の中の小銭を見せる.野次馬根性的な報道は不愉快に思うばかりだ。

2011年6月20日 (月)

震災に思う

震災から100日が過ぎた。
いろいろ思うことはあったけれど、文字にするのは初めて。

震災は「天罰だ」
私はそう思っている。そう感じている。
石原都知事がそう言ったと聞いて、共感した。
その後撤回したようだけれども、私は今でも、天罰だと思っている。

特別な神様を信じているというわけでもない。
なのに、何故「天罰」だなんて神がかり的なことを思うのか?

世の中に「悪意」があふれてきたからだ。
それも、「悪意」という姿を見せないように、じわじわ増えてきた。
亡くなった肉親を弔いもせずに、年金をもらう。
わが子に食べ物を与えず餓死させる。
小さな子供に暴力をふるう。
教育現場が荒れる。
言いがかりのような、クレームが増える。
被害者が加害者に変貌する。
うまくいかないことは人のせいにする。
うまくいけば、自分のおかげと思う。
自分以外は皆バカだと思う。
真面目なことをあざ笑う。
ずるく稼ぐことを誉めそやす。
公共の電波を使って誰かをもちあげる。
公共の電波を使って誰かを袋叩きにする。
皆で集めたお金を、自分の為だけに使う。
悪いことは社会のせいだと言う。
努力するよりも、弱者の立場を利用する。
自分が正しいと大声をだす。
人の話じゃない。
非難しつつ、自分の中の愚かしい部分に気づく。
やさしさ、謙虚さ、感謝の気持ち。
美しい感情が希薄になっている。
誰かが新しいパンドラの箱を開けたのか?
世の中に悪意が満ち満ちてきた。

そのうち天罰が下るのじゃないか?
そんな風に思っていた。

だから、震災が起きたとき「天罰だ」と思ったのだ。

私は家も、仕事も、家族も無くしてはいない。
被災者とは立場が違う。
無責任に、これは「天罰だ」思い上がった現代人は、我が身を反省し改めよ。
などと言ってるつもりもない。
ただ、罰を受けているように思うのだ。
罰を受けているように感じるのだ。
こればかりは、どうしようもない。

恥ずかしながら、阪神大震災でも普賢岳でも、今まで義援金を振り込んだことはない。
コンビ二の募金箱にでお釣りを入れる程度のことしかしたことはない。
だが、今回は、震災の翌週の月曜には義援金を振り込んだ。
罰を受けているから、何かしなくちゃいけないと真剣に思ったのだもの。
この三ヶ月、何度かに分けて振込みを続けてきた。
だからといってまだ、許されているように感じないけれど。
でも、「悪意」に満ち溢れていた日本に、たくさんの「善意」が現れたと思う。
まだまだ、日本人は捨てたもんじゃないと思う。

神様、少しは人間どもをお許し下さい。

三ヶ月が過ぎて、普通の日常を過ごそうとしている。
意識的に消費をし、遊びに行く。
人が流れ、お金が流れ、日本が動きますようにと念じながら。

「祈り」がパワーになって、日本を良い方向へ導いてくれますように。
そんな風に思いながら、普通の日常を過ごしている。

2011年1月 4日 (火)

今年の抱負

新年です。
SCは元日から営業なので、インショップのうちも元日からお仕事です。
いつもは大みそかの夜から初詣にでかけるのだけど、今年は雪に埋もれて無理。
神様にごあいさつもせずに、仕事ってどうよ?と思いつつの出勤。
バチがあたりませんように。
こんな生活していると、正月気分というものがどんなものだったのか?
最近思い出せずにいます。
忘れないようにお屠蘇とおせちとお雑煮はするのだけど、お雑煮を大急ぎですすって出勤。
自虐的な気分になっちゃいます。
でも、仕事しなくちゃごはんが食べられないですう。
ということで、三が日が過ぎ、今日は私の今年最初の休日でございます。

なので、初ブログでも、書こうかなあ?

新年といえば、今年の抱負。
いろいろ考えてみる。
【Wii Fit で一日も休まずにトレーニングする。】
と、1日に決心したが、昨日乗らずに寝てしまった。3日坊主にも笑われる。
はあ。。。
【着物の似合う女になる。】
洋服屋だから着物とは無縁。でも、去年から着付けを習い始めた私。
だって嫁入り道具の着物が全部しつけのついたままでもったいない。
今月のコンサートには着物で出かけようと画策中。
が、一人で着るって難しい。これも、根気と練習が必要なものなんだけど。
練習がね。。。
【ピアノを弾く】
習い事とお稽古はセットだと、頭ではわかっちゃいる。
レッスンの前日にあせってさらっても、バレバレなのもわかっている。
だから、今年は少しでもよいから、毎日弾こう。。。と。。。思う。思うなり。思うらし?思うまし?!
もごもご。。。
【文句を言わずに仕事をする】
・・・・・・・

今年の抱負
【できないことは、誓わない】
【身の丈を知る】

2010年11月28日 (日)

続 個人商店の憂鬱2

2週間ほどまえ、夫の店での態度に腹をたて、スト決行にふみきった。
その後・・・・

スト初日。店に出ない解放感。
まず、日ごろ手抜き気味の家の掃除をする。綺麗になった部屋は快適。
ああ。。。専業主婦ってこんな感じなんかしらん。
家事のストも決行中だったが、時間が余る。
つい夫の分の夕飯も作ってしまった。
が、敵も帰ってこない。
せっかく作ってあげたのに。。。くそお。
明日は遊びにでてやろ!!!

スト二日目。
昼まで起きないでいた。
夫は昨日の夕飯を朝食にしてでかけたのだろう。
とりあえず流しにおいてあるのは、いくらか反省しているのだろうか?
今日は夜遅く帰ってきてやる!!!
昼からわざわざ遠くまで映画を見に出る。遅い時間の映画を見て、11時近くに帰ってやった。
ちょっとは焦っているだろうか?
帰ると夫がえへら。。えへら。。と微笑んで「遅かったねえ。」などとぬかす。
にらみつけてお風呂に入ってやった。

スト三日目。
今日はなかなか行けないでいた免許の更新に行くか。
電車の時間待ちで、店の入っているスーパーに立ち寄る。
と。。。
「奥さーん」
店の常連さんである。
「今お店寄ったのだけど、いなかったから帰ってきちゃった」
とおっしゃる。
条件反射!パブロフの犬である。
「あーごめんなさい。今日ちょっと遅れてしまって今から出勤なんです。お寄りになりませんか?」
。。。。。
同伴出勤した私を見て、夫がえへら。。えへら。。と笑う。
夫には腹たつが、お客様は神様です。
常連さんがお買い物を終えて帰られたあと、夫にひとこと。
「誤解せんといてね。お客さんの為に来たんだから。」
そのまま、とっとと帰る。

スト四日目。
この日は夫のゴルフコンペの日である。
さすがに、他のメンバーさんに迷惑はかけられないよね。
起きるとやはりゴルフに行ったようだ。
お店は従業員さん一人になる。
しゃーない。出勤するか。。。。

帰ってきた夫はゴルフコンペで頂いた商品券を手に、「これあげよ」などと愛想をする。
にらみつける私。
「やっぱり、一人でするのは大変やわ。」
あたりまえやろ。。。
絶対あやまるなんてことのできない夫から謝罪の言葉を引き出すなんてどだい無理。
でも、むかつく。
このまま、前のように仕事復帰してまた同じことを繰り返すのはゴメンだ。
なんか!せめて、なんか!せしめなくては。。。。
「じゃあ!ヘルシオ買って!」
夫が目をむいている。
「それに仕事辞めるからって言って、日曜に友達と会う約束も入れてるし出勤なんか無理やわ」
夫が「日曜は休んだらいいやん。で、ヘルシオってなに?」
とりあえず、話が前に進みそうな感触を感じた夫が聞いてくる。

ヘルシオはオーブンレンジである。
ファッション雑誌でNIGOさんが、とても良いとほめていたのを思い出したのである。
結構なお値段でもある。

まあ、そういうことを説明した。
「ふうん。。。買ったらええやん。」
素直である。

私のストはわずか4日で終わってしまった。
あーあ。。。根性無しの私。。。

2010年11月23日 (火)

個人商店の憂鬱2

この4月に個人商店の憂鬱という記事を書いて7カ月。
ああ。。。一層憂鬱な毎日が続く。。。

一体日本という国はどうなっていくのだろう。何一つとっても、好転の兆しが見えない。

就職難だから、正社員採用をした企業には国から100万もらえるんだと。。。
そんなことを理由に店員を採用したなんていう小売店の話も聞く。
えええええーーーー????である。
店員を増やしても、売り上げが増えなきゃ店員さんを雇い続けることなんてできない。
あたりまえの話である。
でも、目先の100万円に手を出してしまう心境も実は理解できる。
それくらい、厳しい。

正社員雇いました。。。ハイ、100万円!って頂いて、いやー本人が一身上の都合でやめちゃいました。
ってケースがあちこちで出てこないんだろうか?と心配になる。
ま、詳しい内容調べちゃいないんだけど。。。うちなんか人を雇う余裕ございませんので。

今みたいな状況が日々続くと、ウチみたいなパパママショップ(夫婦と従業員1名みたいなお店)は夫婦仲も険悪になってくる。
従業員さんがお休みの日が、特にアブナイ!!!

お客様が入店されても、すべて買っていただけるわけではない。
むしろ買っていただける方が少ない。
それでも、お客様の目的をお聞きし、提案し、納得いくお買い物をして頂けるように懸命に接客しているのだ。
難しいことをおっしゃる方もいるし、いかにも買いそうにみえて、お買い上げにならない方もいる。
だから売れなくても、私から見ればいたしかたのないことなのである。
「またお越しください」とにっこり微笑んで見送るべきと「女」は思う。
でも、「男目線」は違うようである。
「すすめ方が足りない」「もっと強引にしがみつけ」的な発想で、私の接客が手抜きだというような態度をとる。
そして、お買い上げなくお客様が帰られると
「チッ!!」
夫の舌うちである。

もう、かれこれ20年、こういう夫の態度には抗議し続けてきた。
それでも、まだそれなりに売れてた時期はこっちも我慢が出来た。
ここ数年。厳しくなればなるほど、接客自体が難しくなる。
せめて、気持ち良く仕事ができるように、プレッシャーを与えるような態度は控えてほしいと言ってきた。
なるべく、冷静に、わかってもらえるように説明も繰り返してきた。

しかし、同じことの繰り返しである。

10日ほど前、ついに私はキレた!!!!
「もう、こんな店閉めたらええわ!なんの、未練もないわ!自分ひとりでできるんやったらすればいい!」

捨て台詞と共に、スト決行!!である。
今まで休めなかった日曜に、用事を入れた。
久しぶりの友人との食事、花会、映画。
どうしたって店のことが気になる習性を捨てる為に出かける。
夫は一人で、おろおろしていることであろう。。。
従業員さんにどう説明しているのだろう。ザマアミロ。。。。

個人商店の憂鬱2 続く。。。。。

2010年8月 7日 (土)

ディズニーオンアイス2010

初めてディズニーオンアイスなるショーを見てきました。
やはり夏休み!子供たちが多くて、かわいらしいショーでした。
ディズニーのキャラクター達は、出てくるだけでかわいらしくて思わず微笑んでしまいます。
かわいい!と笑顔になったり、手拍子したりしていると、ストレス発散になりますねえ。

しかし、えー年した大人からみると目の飛び出すようなこと。。。。
かき氷が1800円!!!!!
た。。。確かにかわいらしい容器に入ってはおります。し。。。しかし1800円とは。。。。
容器代とはいえ。。。1800円
いやー。。。お子様連れのお母様はものいりなことでございます。。。

ショーのあと近くの高級ホテルのラウンジでフルーツいっぱいのパフェを頂きました。
すわり心地の良いイス、ゆっくりおしゃべり、冷たくておいしいお水を何杯も頂き。。。
サービス料をはらっても一人1400円ほど。。。
ティンカーベルのかき氷よりフルーツパフェだな、私は。
人の価値観というのはいろいろなものですね。

2010年7月21日 (水)

30年ぶりの同窓会

高校の30年ぶりの同窓会に参加してきました。
恐らくほとんどの人たちと30年ぶりに会うという、緊張感。
ドキドキ気分で、受付に行くと、自分の名前がない!!!
え?!!出席でハガキ出しましたけど。。。。
あれ?
受付にいる人も、並んでいる名前も見知らぬものばかり。。。。
30年ぶりとはいえ、こんなに覚えていないものか???
「あの。。。中学の同窓会ですよね」と受付の女性。
いえ。。。高校です。
「では、あちらです」
おお。。。同じフロアで別の同窓会してたのね。

受付には高校の卒業アルバムから取り出された写真付の名札が鎮座しておりました。
なんともこっぱずかしい。
30年ぶりじゃ全然わからないんじゃないかと、緊張していましたが、わかるものです。
みんな変わっていない。
いや、変わっているけれど面影はそのまま。
当時の愛称が思わず出てくる驚き。
同窓会って不思議なものです。
加えて驚きなのは、先生。
30年たっても全然変わっていないのは、当時が老けておられたのか?
見た目だけなら、先生追い越しちゃったような同級生もおりました。。

結構な人数が集まったので、おしゃべりのターゲットを絞りきれず少し消化不良な気分でした。
でも、やはり同い年の仲間はいいものですね。
今まで仕事を理由に欠席だったのですが、仕事を休んでも顔だすべきだなあ。。と思った一日でした。

2010年5月 1日 (土)

残念な大人は?

ブログ学園

ブログネタ: 【ブログ学園】あなたが思う、残念な大人は?参加数拍手

「美」を愛する人が集う場所、美術館。

突然鳴り響く携帯の着信音!(一度目のドキッ!)
「切っとくのが常識やろが!」と鋭い怒声!(わ。。私じゃありませんと二度目のドキッ!)

入場までに二回は電源をお切りくださいと放送されていたので、切っていない人に非がある。
しかし、すぐそばで怒鳴られるとびっくりして、心臓がバクバクする!!!

携帯を切っておくことのできない大人と、冷静に注意のできない大人。
マナーって大切だと思う。
美を愛する大人たちよ、どちらも残念だ。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31