フォト
無料ブログはココログ

« 入学式問題 | トップページ | 黒書院の六兵衛 読後 »

2014年4月24日 (木)

村上海賊の娘 読後感想

謎解きはディナーの後でを読んでから、本屋大賞受賞作品というものをあまり信用してなかったのだけど。
これは、おもしろい!
痛快時代劇! 間違いなく映画になるなあ。それを意識して書かれている感じすらある。

歴史小説の醍醐味は、史実と創作の絶妙な融合感にあると思う。
史実自体、当時の文献などから推測するわけだから、その文献の内容自体が正しいかどうかもわからない。
いろいろな説があるだろう史実をひもといて、作家が想像力をふくらましていく。
歴史上の有名人物が、こんな風に出会っていたかもしれないと思うだけでワクワクする。
でも、なにもかも創作でかかれてもおもしろくない。
あるかもしれないと思わせる、ち密な史実の研究がわかりやすく説明されながら物語が進んでいく。
その進め方に、違和感はなく、本当に巧みな作家さんだと感心する。

一方、海賊たちの友情や恋愛や戦いに関しては、漫画チックに描かれていく。
当時の人間の価値観(それがどんなものかはわからないけれど)ではなく、現代の人間の価値観で人間関係が描かれていく。
ある時は吉本新喜劇のように、ある時は韓流恋愛ドラマのように、ある時はアクション映画のワンシーンを見るかのように。
まったく飽きさせない展開だ。
数限りなく人が殺されていくわりに、極悪非道の登場人物はいない。登場人物は敵も味方も個性豊かでそれぞれに魅力的。
そこが後味の良さにもつながる。

人が何に命をかけるのか?
命をかけてまで守ろうとしたものは、ことは意味があったのか?

最後は読者それぞれが、自分の生き方をちょっと考えてみようかな?と思わせるように締めくくられる。

何百年という時の流れの中では、私なぞ塵のような存在だけど、何かに流されるのではなく自分の意思を持って生きていきたいなと感じたな。

良い、作品でした。


« 入学式問題 | トップページ | 黒書院の六兵衛 読後 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上海賊の娘 読後感想:

« 入学式問題 | トップページ | 黒書院の六兵衛 読後 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31