フォト
無料ブログはココログ

« おれは清麿 読後感想 | トップページ | K バレエ カンパニー「海賊」 »

2012年6月18日 (月)

蜩ノ記 読後感想

よかったです。切ない物語でした。
能力があり、正義感にあふれ、人として尊敬される戸田秋谷が、その潔さ故に切腹を選ぶ。
その高潔さには、切ない感動を覚えます。
秋谷を救いたいと願い、理不尽なことに立ち向かっていく庄三郎の懸命の行動にも男気を感じます。
父を尊敬し、友を思う息子郁太郎の思いと行動、登場人物の中で最も心根が美しく哀れな源吉。
魅力的な登場人物を随所に配し、正義とはいったいなんなんだ!と作者が問いかけてきます。
直木賞を受賞しただけあるわ。
とても読み応えのある作品でした。
切腹を控えこの世に未練は無いと言う秋谷に、それでは遺される者達への心遣いがないという和尚の言葉が印象的。
死を覚悟するということは、いったいどういうことなのかと考えさせられます。
”正義”とは縁のない政治家や、ニセ弱者が横行しているように感じる最近の世の中。
命をかけるという生き方に憧れを感じた読後でした。
武士ってかっこええなあ・・・

« おれは清麿 読後感想 | トップページ | K バレエ カンパニー「海賊」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「蜩ノ記」がラジオドラマで放送されています。NHKFM青春アドベンチャー6月18日から全10話です。

貴重な情報ありがとうございます。
ラジオドラマってなんか懐かしい響きです。
ラジオどこやったかな~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蜩ノ記 読後感想:

« おれは清麿 読後感想 | トップページ | K バレエ カンパニー「海賊」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31