フォト
無料ブログはココログ

« 謎解きはディナーのあとで 読後 | トップページ | 夢違 読後感想(ネタバレ) »

2012年3月18日 (日)

秀山祭三月大歌舞伎

久しぶりに南座に行ってきました。

秀山祭三月大歌舞伎

中村歌 昇改め 三代目 中村又五郎襲名披露
中村種太郎改め 四代目 中村歌昇襲名披露
というおめでたい舞台。

俊寛(しゅんかん)
吉右衛門さんの鬼気迫る俊寛。
なんとも人間くさいお坊さんですね。
迎えの船が来たといっては成経や康頼をおしわけて前に出るし。
赦免の名前に自分がないといってはごてるし。
東屋が殺されたと知って嘆き、千鳥を乗船させることができないと怒り。
とうとう瀬尾を殺してしまう。
若い者達を帰し、満足したのかと思いきや、遠ざかる船を見送り突然感じる孤独感。
鬼の形相で船影を見送る……
風の音、波の色、月の影、森羅万象を仏の声と聞き分けて、念仏唱えているような枯れたお坊さんではないですな。
いやいや、現代でもお坊様って意外と人間くさい。
変わらないのかもしれませんねえ。

で、襲名の口上がありまして

新歌舞伎十八番の内 船弁慶(ふなべんけい)
気合はいっておられました又五郎さん。
前シテ静御前と後シテ平知盛の霊。
知らなかったら同じ人が演じていると思えない。
愛之助さんの義経の美しさ。吉右衛門の舟長のコミカルさ。
舞っていいなあ。
最後、平知盛の霊がはけるときの鳴り物がまた素晴らしい!
激しくて聞いててスッとしました。

イープラスのすんごいお得なチケットで観たものだから、いやー満足満足。
こういった伝統芸能がすたれていかないことを祈るばかりです。

« 謎解きはディナーのあとで 読後 | トップページ | 夢違 読後感想(ネタバレ) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秀山祭三月大歌舞伎:

« 謎解きはディナーのあとで 読後 | トップページ | 夢違 読後感想(ネタバレ) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31