フォト
無料ブログはココログ

« 佐渡裕 オーケストラの魅力 | トップページ | もう若くないと感じた瞬間は? »

2011年9月12日 (月)

死のまち

鉢呂吉雄経済産業相が辞任した。
「放射能分けてやる」
冗談でも、オフレコでも、あまりに幼稚でうかれたこの物言いが事実なら、国民としてこの人に命を預けたいとは思わない。
まあ、辞任も致し方ない。

でも、
「市街地は人っ子一人いない、まさに死のまちという形だった」
という発言が非難されている。
そして本人も発言を撤回した。
でも、私はこの表現が何故非難されているのかがわからない。
むしろ、非難されていることが恐ろしい。
被災者が不快に感じる言葉や表現を使うことはすべて”悪”なのか?
現状を目にした、感想を述べたように思える上記の表現は問題だろうか?

マスコミによって叩かれること怖さに、自由な発言ができなくなる。
そんな、恐ろしいことにならなきゃいいけれど。
最近の魔物じみたマスコミが、叩く矛先に何かの意図を持っていたら。。。
考えすぎ?あるいは?
なんか、うすら寒くなってきた。。。。

« 佐渡裕 オーケストラの魅力 | トップページ | もう若くないと感じた瞬間は? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死のまち:

« 佐渡裕 オーケストラの魅力 | トップページ | もう若くないと感じた瞬間は? »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31