フォト
無料ブログはココログ

« 震災から3か月。今後の支援方法について教えて! | トップページ | 桜小路富士丸再び! »

2011年6月 8日 (水)

桑潟幸一準教授のスタイリッシュな生活 読後

桑潟幸一準教授のスタイリッシュな生活 読後感想

シューマンの指がおもしろかったので、奥泉光さんの作品をと思い、読んでみた。
題名と装丁はオシャレな感じ。
でも内容は真逆。
4流大学の4流準教授のドタバタな生活が、膨大な文字数で描かれている。
ここまで説明する必要があるかと思うくらい、たっぷりと読み応えがある。
この前読んだ、齋藤智裕著KAGEROUとは雲泥の差である。
さすが芥川賞作家!
内容は、努力も勉強もしない4流準教授が、これまたアホばっかの4流大学で起こるちょっとミステリーな事件に巻き込まれる。
でも、顧問を務める文芸部の生徒に助けられて、なんとか事件は解決する。
というお話が、3話。
とにかく情けなく、自分の保身に奔走する桑幸先生のオロオロっぷりと、アホな生徒たちの会話に笑える。
これは、コメディ作品。吹き出したり、クスッとしたりという楽しみ方のできる作品で笑えるという意味でおもしろい。
いまどきの学生はこんな感じなのかしらん?
作者は近畿大学の教授をされているってことだから、こーゆーぶっとんだ会話を生徒たちと繰り広げているのだろうか?
あるいは、そおっと生徒たちの会話に聞き耳をたてて、材料にしているんだろうか?
はたまた、くだらない教授会であくびしてるんだろうか?
どちらにしろ、作家のそばにいるのは結構キ・ケ・ン!ですね。
近大、アホばっかやしネタ提供している連中は多いだろう。。。
ってこんなこと書くと、近大生に怒られそうだけれど。
何を隠そう、私め、近大のOGですの。
在校中は、アホなことばっかり言ってたなあ。
男子ばっかりの大学でしたが、今は結構女子もいるのかな?
久しぶりに、母校に行きたくなってしまった。
桑幸先生が東大阪周辺の食文化を懐かしむシーンがあるんだけれど、安くておいしい量も多い庶民的なお店は多かったなあ。
キッチンカロリー、懐かしい・・・

« 震災から3か月。今後の支援方法について教えて! | トップページ | 桜小路富士丸再び! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桑潟幸一準教授のスタイリッシュな生活 読後:

« 震災から3か月。今後の支援方法について教えて! | トップページ | 桜小路富士丸再び! »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31