フォト
無料ブログはココログ

« シューマンの指読後感想 | トップページ | 絶対に信用できない言葉はどれ? »

2011年5月28日 (土)

KAGEROU読後感想

KAGEROU読後感想

30分で読んじゃう人もいるでしょう。
ゆったり読んでも、数時間。
スラスラ読めちゃう読みやすーい小説です。

でも、文学賞と名のつく賞を受賞した作品とは思えない。

そんなに悪い作品ではないです。
ケータイ小説よりはずっと良いです。(比べたら失礼か?)
著者が俳優さんのせいか、丁度2時間ドラマを見ているような印象。
こうじゃないかな?という予想を裏切らずに進んでいきます。
2時間ドラマ見ながら、こいつが犯人じゃない?ほら、やっぱり!って言っている様な感じ。
著者はひねくれたところのない、素直な青年なんだと思います。
ま、TVのイメージもあるからそう思うのかもしれないけれど。

テーマは【命】とか【愛】
おそらく、孤独でも、自分になんの価値がないように思えても、そんなことはない。
どこかで、本物の愛に出会うことがある。あきらめちゃだめだ。
ってなことを、いわんとしているのかな?とは思った。
ただ、すらすら読めちゃう素直な文章で、童話のように終わるので、上手く伝わらない。
「どうせ捨てる命なら、上手い具合に役立てて、悔いなく死ねれば理想ジャン」
と思うこともできる。
ま、そのようにとらえて欲しいと思って著者が書いているなら成功だけれど。
それはそれで、その死生観どうよ。とも思うけれど。
処女作のテーマに選ぶには、いささか巨大すぎたテーマだったな。と思う。
それで、ずしんとくる作品に仕上がっていれば、文学賞でも納得だったんだけどね。

それなりにおもしろかった。
わかりやすかった。
そんな感じの読後でした。

« シューマンの指読後感想 | トップページ | 絶対に信用できない言葉はどれ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KAGEROU読後感想:

« シューマンの指読後感想 | トップページ | 絶対に信用できない言葉はどれ? »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31