フォト
無料ブログはココログ

« “老後難民”予備軍とは!? | トップページ | 選択にないけれど、15歳。 »

2010年4月21日 (水)

司法修習生が多額の借金?

リンク: 司法修習生が多額の借金?.

個人には能力差がある。人類みな平等とはいかない。
本人が生まれ持った能力に加え、努力によって身に付けた知識や経験によって成長していくのだ。
私から見ると「弁護士さん」と聞くと生まれ持った能力も努力の度合いもぴか一のイメージがある。
自分にはできない難しい仕事をしてくれる優秀な人が存在することは、平凡な人間からみれば一種の安心でもあるのだ。

ところが、弁護士になる為には費用がかかりすぎて志望者が激減するのではないか?と指摘されている。
つまり、優秀な能力を持つ人が、別の職業をめざすのではないかということだ。

私は安心して生活できる社会はバランス感覚に優れているものだと思う。
個人には能力差があるのだから、できる仕事にも差がある。
全員社長さんであっても、全員平社員であっても、社会は成り立たない。
平和で快適な社会の中ではいろいろな職業が存在して、上手にバランスをとっているのではないかと思う。

そのバランスが崩れようとしている。

理由は「財政難」なのだそうだ。

司法修習生に公のお金が使われていたことを初めて知った。
それでも将来大切な仕事をになう人物になるのであれば、納税者としては使ってもらっていい。
代わりになる人がいくらでもいる職種ではない。
スーパーの階段に座って長時間ダラダラしゃべっている高校生の授業料を負担するよりずっといい!

何かが変だ。

皆で集めたお金を、上手に使える人がいない。

日本はどうしてしまったんだ?!

« “老後難民”予備軍とは!? | トップページ | 選択にないけれど、15歳。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 司法修習生が多額の借金?:

« “老後難民”予備軍とは!? | トップページ | 選択にないけれど、15歳。 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31